間口の狭い土地でもOKな長方形の家
このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。




こんにちは!
元ハウスメーカー、今不動産特化FPのカルタです!

カルタ

今回、ご紹介するのはこの間取り!


長方形の間取り

長方形の間取り

長方形の間取り

この間取りの基本スペック
  • 南玄関総二階の家
  • 延床面積:113.01㎡(34.11坪)
    1階面積:56.29㎡(16.99坪)
    2階面積:56.72㎡(17.12坪)
  • 建築面積:59.62㎡(18.00坪)

今回のテーマは、間口の狭い土地でもOKな長方形の家


狭い間口の長方形の家


それでは、この間取りのポイントを確認していきましょう!

間口8mあれば大丈夫。横幅5.46mの家

この間取りは、南北に奥行が長く、間口の狭い土地で建てることを想定しています。

間口とは、土地が前面道路に面している長さのこと。

この間取りの横の長さは、5.46mなので、間口が8mくらいの土地でも建てられます。


間口8m

一直線に並んだ広々LDK

この間取りでは、LDKを一直線に並べて広々とした空間にしています。


一直線に並んだLDK
一直線に並んだLDK


今回は、2階に使い道があったのでそうしませんでしたが(あとで、説明します)、もし隣家が迫っていて陽当りが心配なら、吹き抜けにして大きな窓をつけてもOK!


吹き抜けに変更
そうすると、下のようなイメージになります。
これもひとつの方法ですね!


吹き抜け

リビング階段を中心とした回遊する家事動線

家事動線を意識すれば、家の中でのムダな動きがなくなって、家事が楽になります。

そんなとき簡単な方法が、階段を家の中心に置いて、その周りに水回りを配置すること!

これで、掃除をして、料理をして、洗濯物を干しに2階に上がるという「回遊する家事動線」の出来あがりです。


家事動線


家事動線については、コチラの記事が参考になります!

≫ 新築の参考に!家事動線を考えぬいた間取り4選

意外と便利な玄関先のクローゼット

これは、お客さまからの意見で多かったことですが、玄関に入ってすぐのところにクローゼットがあると意外と便利です。

特に冬場なんかは、家に帰ってコートを2階まで掛けに行くのは面倒ですよね?
だから、ソファーなんかに「とりあえず」掛けておいたりします。

でも玄関の近くにクローゼットがあれば、そこでコートを掛けてからリビングに入ることができます。


玄関に入ってすぐのクローゼット


他にも、子供のランドセルが玄関とかリビングに放りっぱなしになるのは、よくあること。

クローゼットの下段にランドセルスペースを作れば、「2階に持ってあがりなさーい!」と叱ることもなくなるかもしれませんね!

将来間仕切りの子供部屋

この間取りでは、南向きの陽当りの良い場所に子供部屋を配置しました。

最初は12畳の広々とした部屋で、子供が大きくなったら6畳2部屋にできる将来間仕切りにしています。

子供が小さいうちは、滑り台とかブランコとか、大きなおもちゃを置いて遊ばせてあげたいというときには良いですね!


子供部屋の将来間仕切り

洗濯物をしまうのが楽になるフリースペース

これは、ちょっとしたことなんですが、建てたお客さまから大好評だったアイデア。

バルコニー前に小さなフリースペースを作っておくと、洗濯が楽になります!

洗濯物は、「干す・たたむ・しまう」がありますが、それぞれ別の場所でするとなると面倒ですよね?

2階のバルコニー前にフリースペースをつくれば、おろした洗濯物をその場で「たたむ」ことが出来て、「しまう」のも寝室と子供部屋が近いので楽です。


フリースペース


また天井にパイプハンガーを設置しておけば、雨の日の「部屋干しスペース」にもなってくれます。

主婦の方にとっては、ありがたいですね!




女性(ニッコリ)

主婦の目線を理解しようとしてるみたいだね♪


カルタ(ガッツ)

休みの日は家事をしないと妻に怒られるので!


女性(これは?)

そ、そうなんだ…。

理想のマイホームを建てるには

広島で妹が家を建てました。
家族にも教えた注文住宅のメーカーを選ぶ秘訣とは?


≫ 詳しくはこちらから