こんにちは!
元ハウスメーカー、今不動産特化FPのカルタです!

ハッキリ言って土地探しは難しい


立地条件もさることながら、全体の資金計画にあう価格か?地盤補強など余計な費用がかかりそうでないか?住宅ローンの条件にあう土地か?などなど…考えるべきことは雨あられ。

これまで数々の案件に携わった経験上、土地探しはハウスメーカーに任せてしまうのが一番です!

その理由とハウスメーカーに土地探しを依頼する際の注意点上手な依頼の仕方についてまとめます。

あなたの土地探しにお役立てください!

ハウスメーカーに土地探しを依頼すべき3つの理由

土地を扱うのは主に不動産会社。
ショーウィンドウにベタベタと色んな物件情報が貼りつけられてる店舗を見たことはないですか?アレです。

不動産会社に直接行って土地を探すのもひとつの手ですが、僕はあまりオススメしていません。

土地探しはハウスメーカーに任せてしまうのが一番!
その理由は大きく3つです。

【理由①】家と土地は分離して考えるべきではない


ひとつめの理由は、家と土地の計画は分離して考えるべきではないからです。

なんで土地が欲しいかというと、マイホームを建てたいからですよね?


でも土地探しで失敗すると、マイホーム計画が土台から崩れてしまうことがあります。

不動産会社の目的は土地を売ること

不動産会社の仕事は、土地を売りたい人と土地が欲しい人とを引き合わせて、仲介手数料を貰う事です。


だから土地が売れさえすれば良いのであって、売れた土地で理想のマイホームが建とうが建つまいが、不動産会社にとって知ったことではないんです。


だから、立地条件については詳しく説明してくれますが、例えば、地盤補強など余計な費用がかかりそうな情報は出来るだけ明言を避けるトコロが多いです。

それで土地が売れなくなったら困りますから…。

ハウスメーカーの目的は家を建てる事

ハウスメーカーに土地探しを依頼した場合、ハウスメーカーの営業マンがあなたのかわりに不動産会社に土地情報を依頼します。

ハウスメーカーの最終目的は家を建てる事マイホームを建てたいというあなたの目的と一致しますよね。


だからプロの目で選別して、自社の家が建てられる土地でなければ絶対に紹介しません!


家を建てるという最終目的のために予算や建築条件を考えながら土地を探してくれます。


ただし、ハウスメーカーによっては系列の不動産会社の土地を優先的におすすめする事があります。
それが良い土地情報であれば、問題ないですけどね。

全体の資金計画を把握してから土地を探すべき

「土地に予算をかけすぎて、家にまわす予算が足りない!」実はこういう話はチラホラあります。

土地を先に決めてしまって、さぁ次は家だ!ということですが、家というのは本体工事費の他に様々な付帯工事費がかかります。

それを把握しないまま土地を先に決めてしまうと、そのしわ寄せは当然、家にきます。


だから、全体の資金計画を把握してから土地を探すのが鉄則です

資金計画がおろそかになると最悪の場合、自己資金と住宅ローンで予算が足りず、親戚中に頭を下げるなんてことにもなりかねません。


付帯工事費で特に怖いのが、地盤補強!時に数百万円の費用が上乗せされることがあります。


≫地盤改良工事に400万円の費用が!?地盤改良不要の土地選びのコツ


普通、土地を買う前に地盤調査はさせてもらえないですが、ハウスメーカーであれば近隣の土地で建築した経験から地盤強弱の目星をつけられる可能性があります。

100点満点の土地はない!土地の不満は建物でカバーできる

これは僕もお客様に言ってたことですが、土地はこだわりはじめるとキリがありません。
だから「100点満点の土地はない」と思って土地探しをしてください。


土地が70点であっても、ハウスメーカーの提案力で足らずの30点をカバーすることは十分可能です!


例えば、変型土地は価格が安いです。
ほぼ三角形の変形土地であっても、土地で浮いた費用を家にかけて、デザイン性の高い家を建てた事例は山ほどあります。


ハウスメーカーに土地探しを依頼すれば、間取りも考慮した土地を提案してくれますので、その意味で土地探しの可能性が広がります!

【理由②】複数の不動産会社の土地情報を一度に入手できる

複数の不動産会社の土地情報を一度に入手できるのが、ふたつ目の理由です。



僕がハウスメーカーにいたときは、6割超のお客様は土地探しからでした。

ハウスメーカーの営業マンとしては、土地探しから始めるお客様もフォローしていかないと、なかなか契約件数は増えません。


だから優秀な営業マンほど、複数の不動産会社と情報連携を密にしていて、最新の土地情報を抱えてたりします。



不動産会社としても、ハウスメーカーの営業マンと仲良くしていれば、勝手にニーズの高いお客様を引き連れてくれるわけですから、ヘタに広告費にお金をかけるよりよほど効率的です。

ときには「3丁目に50坪の土地情報がでそうですよ」なんて、まだ価格も決まってないような土地情報を営業マンに持ちこむことだってあります。

ハウスメーカーの持つこのコネクションを有効に活用しましょう!

【理由③】ハウスメーカーの営業マンが値引き交渉に加担してくれる…ことがある

3つめの理由は、土地の値引き交渉にハウスメーカーの営業マンが加担してくれることがあるからです。

ハウスメーカーの最終目的は家を建てる事。土地だけ買われても一銭の得にもなりません。

価格交渉の結果、土地が安くなれば、その分家にかけるお金が大きくなるわけですから、ハウスメーカーとお客様の利害は「土地を値引きして欲しい」という点において完全に一致するわけです。

その道のプロが値引き交渉に加担してくれるなら、頼もしいかぎりですよね!

ただし、買い手がつきやすい土地だと価格交渉は難しいです。過度な期待は禁物なんですけどね…。

ハウスメーカーに土地を探してもらう際の注意点


ハウスメーカーに土地を探してもらうと良い理由を説明してきましたが、注意すべき点もあります。


例えば、あるハウスメーカーの営業マンから紹介された土地がすごく気に入ったとします。でも、家の方は別のハウスメーカーで建てたかった場合…
めちゃくちゃ断りにくいです!



ハウスメーカーは家を建てることで利益を上げてるわけですから、土地探しは無償のサービスと言っていいものです。

タダ働きさせておいて「家は別で」っていうのは、断るのも勇気がいりますから、まったく建てる気のないハウスメーカーには土地探しは依頼しない方が無難かもしれません。

ハウスメーカーに土地を探してもらう一番賢い方法


女性(これは?)

はい、質問!


カルタ(びっくり)

おっと、なんでしょう?


女性(?)

土地だけ紹介してもらって、家は建てない!なんて言いにくい…
だから土地探しをしてもらうハウスメーカーも慎重に選ばなきゃいけないってことだよね?


カルタ(チョキ)

はい、そのとおりです。


女性(ふー)

でもさ、土地が決まってないと、間取りの提案もできないでしょ?

どんな提案をしてくれるかもわからないうちからハウスメーカーをしぼるのは難しくない?


カルタ(指さし)

確かにその通り。
そこで良い方法があります!
マイホーム計画のファーストステップとしてこれ以上適した方法はないと言っていいです


女性(ニッコリ)

なにそれ!どんな方法!?


カルタ(ボード)

それはインターネットで土地情報を請求する方法です!


女性(ショック)

ち、ちょっと待って!
ハウスメーカーに土地探しを依頼するんじゃないの!?
インターネットで土地を探すってこと!?


カルタ(えっ)

これはインターネット上で簡単に
複数のハウスメーカーに
土地探し
資金計画
間取り作成
一括請求できる方法なんで、全然違いますよ!


女性(これは?)

そんな方法があるんだ…!!


カルタ(ボード)

わざわざ色んなハウスメーカーに土地探しを依頼しなくても、インターネットで一回情報を登録すれば、希望に合わせた土地情報や資金計画をハウスメーカー側から提案してくれます。
積水ハウス大和ハウスなどの超大手からも、このサービスで提案を受けられますよ!


女性(指さし)

すごい便利なサービスだね!


カルタ(ボード)

利用者は急増していて、このサービスに参入する企業も増えてるみたいです。
色々と比較検証してみて、一番おすすめなのは「タウンライフ」というところですね!


女性(?)

なんでそこがいいの?


カルタ(コチラ)

サービスの充実度が違います
タウンライフは「注文住宅相談センター」を設置していて、資料請求後も一級建築士やFPと相談することもできます。


女性(ニッコリ)

なんか、家づくりのコンシェルジュみたい!


カルタ(チョキ)

ホントですね!中でも僕が一番注目してるのはココ。


※「タウンライフ」ホームページより抜粋

カルタ(指さし)

下から2つめに
会社に直接言いにくいことはご遠慮なく当センターへお申し付け下さい」と書いてあります。
アフターフォローする事を公言してくれてますから安心ですね!


女性(ニッコリ)

ただハウスメーカーに丸ぶりするわけじゃないんだ?


カルタ(サイフ)

無料のサービスですし、ほんの数分で出来る事ですから、住宅展示場に行く前の人にも、行った後でまだハウスメーカーを比べたい人にもオススメですよ!


コチラで登録できますので試してみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓

まとめ

土地は縁あってのものとよく言われますが、探し方を間違えればその縁も遠のいてしまいます。
土地探しに疲れたという人もこれまでよく見てきましたが、土地探しはそもそも難しいです。
自分ですべてするのではなくて、利用できるところはもれなく利用する!
その認識が重要です。
あなたの土地探しが成功しますように!