こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

住宅ローンを借りるときに転職歴があると審査に通りにくくなると言われています。
確かにその通りで、安定した収入をなにより大事にする住宅ローン審査にとって、転職はひとつのマイナス要素。
転職して1年以内ならなおさらです。

しかし!最近の住宅ローンは商品性を各銀行が競い合っていて、転職に関する審査条件もかなり緩和されています!
転職したばかりだからといって、住宅ローンをあきらめる必要はありません。
そこで今回は、転職してすぐ(1年以内)でも住宅ローンは借りられるか、今人気の5銀行の対応を比較してみました。

住信SBIネット銀行

あっと驚くほどの低金利を打ち出すネット銀行の金字塔「住信SBIネット銀行」。
金利が低いだけでなく、柔軟な条件で審査してくれ、転職してすぐでも住宅ローンの審査が可能です。

ただし、転職後3ヵ月の勤務実績が必要です。

インターネットバンクの場合、基本的に仮審査も本審査もネット上ですることになります。
ただ仮審査の時は、転職したことを入力する欄がありません。

仮審査を依頼する際には、勤務先名については、転職の勤務先をそのまま入力してください。
年収については、見込年収を入力することになります。

見込年収の計算方法
3ヵ月分の給与明細の額の平均×12+(わかれば、ボーナスの額)
※以下、4銀行をご紹介しますが、見込年収の計算方法は基本的に同じです。



次いで本審査時に次の書類を追加し、仮審査時に入力した見込年収を証明することになります。

  1.  転職時に新勤務先の人事部等から提示された雇用契約書、採用通知書、あるいは年収見込証明書等、収入金額記載の書類の写し
  2. 転職後の給与明細(直近3ヵ月分)・賞与明細(支給が無い場合は不要)の写し

仮審査の時と、本審査の時とで見込年収にあまりに差があると、本審査の結果に影響がでることがあるので注意しましょう。

住信SBIネット銀行については、ネット経由だけでなく来店型店舗もあります。
特殊なケースですなので、担当者と相談しながら審査をすすめるのも良いでしょう。
コチラから詳細を見られます。

ネット銀行の好金利と対面の安心感で選ぶなら!【MR.住宅ローンREAL】

じぶん銀行

三菱東京UFJ銀行とauが共同で立ち上げたネット専用銀行で、急速に住宅ローン界に足場を築いたのが、この「じぶん銀行」。

業界最低水準の低金利で注目を集める同社ですが、転職してすぐでも住宅ローンの審査が可能です。

こちらも審査の土台に乗れるのは、転職後3ヵ月を経過してから。

仮審査の年収入力方法は、前述の住信SBIネット銀行と同じでOKです。
給与明細3ヵ月分から計算した見込年収を入力してください。

本審査の際には、直近の源泉徴収票に加え、直近3ヵ月分の給与明細、そして職歴書といった追加書類の提出が必要になります。

ソニー銀行

ソニーフィナンシャルホールディングス傘下のネット専用銀行で抜群の知名度を誇る「ソニー銀行」。

オリコン日本顧客満足度ランキングでは金利を含む各評価部門で上位をかっさらい、6年連続で総合第1位という偉業を達成しました。
そんな満足度の高い銀行だけに、転職して1年以内でも住宅ローンの審査が可能です。

ソニー銀行の住宅ローン審査には、そもそも勤続年数に関する条件がありません
なので、転職してすぐでも1カ月分の給与明細さえあれば問題なく審査できます。

仮審査時の年収欄は他と同じく見込年収で入力します。
ソニー銀行の場合は、3ヵ月の勤務実績がなくても審査してもらえるので、1カ月分の給与明細の額×12の金額でも入力可能です。

そして本審査の際には次の書類を追加で提出することになります。

  1. 転職時に新勤務先の人事部などから提示された雇用契約書、採用通知書、あるいは本年度の年収見込証明書等、収入金額記載の書類
  2. 転職後の給与明細・賞与明細(支給がない場合は不要)

イオン銀行

スーパーの超大手であるイオングループの銀行で、主婦層をターゲットに特徴あるサービスで他との差別化を図る「イオン銀行」。

こちらはネット専用銀行ではありませんが、ネット専用銀行に劣らない最低水準の金利を実現し、もちろんネットでの仮審査にも対応しています。

こちらも、転職してすぐでも住宅ローンの審査が可能です。

原則として、転職後6カ月以上の勤務実績が必要となります。
ただしこれは、本審査の際に満たしていれば良い条件であって、仮審査を依頼するときには、3ヵ月分の給与明細があればOK。

住信SBIネット銀行と同じく、3ヵ月分の給与明細の平均から算出した見込年収を入力してください。

仮審査結果の有効期限は3ヵ月です。
仮審査を早めにすませておいて、転職後6ヵ月経過した時点で本審査にすすめば問題ありません。

本審査の際には、給与明細6ヵ月分の追加書類が必要です。

楽天銀行

「フラット35」を取り扱う銀行の中でトップクラスの低金利を実現し、高い評価を得ている「楽天銀行」。

こちらも、転職してすぐでも住宅ローン審査が可能

審査するには、3ヵ月の勤務実績が必要になります。

インターネットで仮審査を依頼するときの年収欄は、前述の4銀行と同じく、3ヵ月分の給与明細から計算した見込年収を入力します。

本審査の際は、勤務先に発行してもらう給与証明書を提出し、楽天銀行がそれをもとに年収を算定することになります。

また直近1年以内に転職している場合は、これまで全ての職歴が記載された職歴書の提出を求められます。

転職について銀行の審査基準

冒頭でもお伝えしましたが、転職すると一般的には審査が厳しくなります。
それは銀行が「安定した収入」があるかどうかを気にしているから。

安定した収入が見込めるなら、転職が必ずしも審査にとってマイナス要素となるわけではありません。
例えば、これまで歩合給だったのが、転職して固定給になったのなら、転職後の方が審査では有利です。

収入が安定しないケースでいえば、転職を何度も繰り返し、その都度年収が下がっているケース。
ただし、この場合も会社が倒産して仕方なくという理由であったり、年収は下がるが将来のステップアップの為一時的なものだと説明できる場合は審査をする上でマイナスとならないケースもあります。

なんにせよ、転職した情報で詳しく審査されるのは、本審査の時
仮審査に認可されたからといって安心できません

転職してすぐ、住宅ローンの借入をしたい場合、イオン銀行など窓口のある銀行であれば、仮審査でも転職したことを考慮されるので良いかもしれません。
あるいは、前述した住信SBIネット銀行の来店型店舗でも良いです。

ただし、その場合も複数の銀行に同時に審査してもらい、認可の可能性を広げておくことをオススメします。

今回ご紹介した5銀行のうち、

  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • ソニー銀行

については、下記のサイトで一括仮審査ができます。
仮審査は早めに済ませて、本審査にすすめられるようにしておきましょう。