ここでは4つの間取りを例にして、家事動線のアイデアをご紹介しています。



家事動線
このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。



こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ

家事が楽になる間取りにしたい!


もっとも長く家にいる主婦にとって、はたまた共働き夫婦にとっても、家事の労力は極力抑えたいところ。


キッチン


そんなとき、まず考えるべきは家事動線


家事動線とは、炊事・洗濯・掃除といった家事をするときの移動線のこと。

基本的には、これをいかに短くするかを考えていきます。


家の中で自分がどう動くかをイメージして、ムダな動きをなくすことで家事の負担を軽減できる!


今回は、あなたの家事が楽になる
”家事動線を考えぬいた間取り5選”をお届けします!

階段を中心にした回遊する家事動線

家事動線を短くするなら、キッチン・洗面所・お風呂という水回りを一か所に集中させるのが一般的な方法です。

さらに階段を動線上に設置することで、2階バルコニーに洗濯物を運ぶのも楽になります。


そこで階段を家の中心におき、ぐるっと回りこむように水回りを配置していくと、回遊性のある家事動線ができあがります。


ダイワハウスの間取り

コチラは、ダイワハウスのHPで紹介している間取り。


水回りを北側に集中させて、階段を中心に回遊できるようになっていますね。

回遊できると、同じ場所を行ったり来たりすることがないので、家事動線は短くなります。


洗濯をしながら、お風呂掃除や食事の準備をして、洗濯が終えたら2階に干しに上がる。
そういった一連の動作を1本の線上に収めることが、家事動線の良い間取りにするひとつのポイント。


また掃除を考えると、コンセントの位置も重要になってきます。

掃除機を持って、各部屋をうろうろとコンセントを抜き差しするのは面倒ですよね?

この間取りでは、中心にある階段付近にコンセントをいくつか付けておけば、あまり抜き差しすることなく、ほぼ全室に掃除機がゆき届きます。
掃除


加えて、水回りを一か所に集めると、配管が少なくなってコストが抑えられるという副次的なメリットもあります。

一直線上に水回りを集めた家事動線

今度は、家事動線を一本の直線にした間取りです。


パナホームの間取り

コチラは、パナホームのHPで紹介されている間取りで、キッチン、洗面所、お風呂そして階段が全て北側に寄せられています。


シンプルで短い家事動線といえますね。

干す・たたむ・しまうが楽になる洗濯専用の家事動線

2階建て住宅の場合、水回りを1階に集めることが多いですが、2階にもってくることで短い家事動線にすることもできます。


住友林業の間取り

コチラは、住友林業のHPで紹介されている間取り。


キッチン以外の水回りを2階に集めた間取りです。


ランドリーで服を脱いで、そのまま洗濯機に。
洗濯したら、すぐバルコニーにでられるので、1階と2階を上り下りすることなく洗濯物を干せます。
洗濯
さらに4畳ほどのファミリースペースで洗濯物をたたむことができ、寝室と子供部屋までの距離が短いので、服をしまうのも楽ですね。


個人的な意見ですが、洗濯は「干す」・「たたむ」まではほとんど移動がなくて楽ですが、「しまう」のが結構面倒!


あえて、洗濯のみ家事動線をわけてしまうのも良いアイデアです。

家事専用ルームをつくって「動線」を「点」に

少し広めの家事専用ルームをつくってしまうことで、家事動線を「動線」ではなく「」にしてしまうのもグッド!


もはやそこから動く必要さえなくなるので、究極に家事の動きが少なくなります。


積水ハウスの建築事例

コチラは積水ハウスの建築事例。


洗濯物をすぐ勝手口から出て外に干せるようになっていますね。

雨が降っても部屋干し用のパイプハンガーがあって、エアコンの風もあてられます。

さらにクローゼットも兼ねた部屋なので、乾いた洗濯物を各部屋にしまいにいく必要もありません。

洗濯
シンプルなようでいて、かなり多機能な部屋になっています。


積水ハウスの建築事例

コチラも積水ハウスの建築事例です。


6畳もの家事部屋で、こちらも洗濯物をすぐ外に干せて、部屋干し用ハンガーパイプも付いています。

ソファーを置いて、ゆっくり小説でも読みながら洗濯がおわるのを待つ…家事が苦でなくなりそうですね!

まとめ

いかがだったてしょうか?

家事動線ひとつとってみても、いろいろな形があります。

今回ご紹介したのは、次の4つの家事動線でした。


  1. 階段を中心にした回遊する家事動線
  2. 一直線上に水回りを集めた家事動線
  3. 干す・たたむ・しまうが楽になる洗濯専用の家事動線
  4. 家事専用ルームをつくって「動線」を「点」に

どのような家事動線ができるかは、敷地の広さや形状によっても変わってきます。

いろいろな間取りを見比べて、自分にあった形を探してくださいね!