アイランドキッチンの油はね掃除と子供対策
このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。




こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!


カルタ

おしゃれなアイランドキッチン!

仕切りなく広々とした空間になるので、カフェみたいなインテリアにしてみたり、子供と一緒にお菓子作りにチャレンジしてみたり…憧れますね!

でも、アイランドキッチンには次の2つを心配する人も多くいて、質問を受けることも多いです。

  1. 油はねでキッチン周りの壁や床がベタついたり、掃除が大変じゃない?
  2. キッチンに入りやすいと、子供にとって危ないとかないの?



そう思うのも、ごもっとも。
おしゃれなメリットに隠れて、普段使いにくいのでは困りますよね?

そこで今回は、新築で、もしくはリフォームで、アイランドキッチンを採用した19人の先輩たちに話を聞いてみました。

アイランドキッチンを検討している人は、ぜひご参考に!

アイランドキッチンは油はねで掃除が大変?

まずは、ひとつめの心配…油はね!

通常のI型キッチンならコンロの前に壁がありますが、アイランドキッチンは何も囲むものがありません。


アイランドキッチンの油はねと掃除


料理のときに油がはねて、こまめに掃除をしないと床や壁がベトベト…なんてことにならないのでしょうか?

実際にアイランドキッチンを使っている先輩の意見を見てみましょう!




北海道 A・Sさん

憧れのアイランドキッチンでしたが、肉を焼いたときなんかは、「こんなに飛ぶ!?」とびっくりするくらい油はねしていることがあります。
前は油はね対策に、オイルスクリーンを使っていましたが、今はコンパクトレンジガードを活用しています。
折りたためてフライパンが収まるサイズなので使うときだけ出してお手入れもしやすいのでオススメです。


鳥取県 I・Mさん

アイランドキッチンは囲いがないので、シンクやコンロ周りだけでなく、付近の床や壁、手近な場所に置いてある調味料入れ等、以外と遠くまで汚れが飛んでいることもあります。
だから火力の強い料理や揚げ物をするときには、折りたためるタイプの油はねガードを使っています。
コンロ周りは、汚れても拭けばいいので簡単ですが、床は汚れると掃除の手間がかかるので、油はねガードは必需品です。
使い終わったら他の食器と一緒に食洗機で洗っているので、出し入れの負担もそんなに感じません。


カルタ(チョキ)

やっぱり油はねはある!でもレンジガード(油はねガード)で対応できるという意見は多かったです。最近のは、食洗機で洗うこともできるんですね。




千葉県 K・Aさん

我が家はアイランドキッチンですが、思っていたよりは油はねが少なく、キッチンの向こう側に飛び散ることはあまりありません。
コンロに飛びはね防止のボード(20㎝高くらい)が付いているのと、IHコンロでフライパンを振ることがないからかもしれません。
どちらかというと、油はねより水はねの方が気になります。
キッチンが丸見えなので、水はねがあると汚れているように見えます。
洗い方もあるのかもしれませんが、床も濡れてしまうことが多いので、こまかく拭き掃除が必要です。


カルタ(う~ん)

水はね対策に、シンク周りを囲む水はねガードは市販されています。
コンロにレンジガード、シンクに水はねガード…そこまでやっちゃうとアイランドキッチンの意味が無くなっちゃいそうですけどね。




埼玉県 A・Uさん

アイランドキッチンで掃除が大変なのは、コンロ周りです。
IH対応のコンロだと油が飛びはねても拭き取るだけで綺麗になりますが、我が家で使っているのはガスコンロなので、掃除が大変です。
リビングからも丸見えなので、余計に汚れは気になります。
以前は市販の油はねガードを立てていましたが、せっかくのアイランドキッチンだからと、使うのをやめてしまいました。
最近はコンロ周りに貼って剥せる油汚れ防止シートを貼っているので毎日の掃除はだいぶ楽になりました。


カルタ(ガッツ)

確かに、アイランドキッチンにするならガスコンロよりIHにした方が油はねは気にならなくなるかもしれませんね。




千葉県 M・Nさん

義母から「掃除がしやすいから」との強い勧めがあって、中古住宅を買った際に、普通のキッチンからアイランドキッチンにリノベーションしました。
アイランドキッチンに特にこだわりはなかったんですが、キッチンが壁から離れていて隅っこがない分、確かに掃除が楽!今ではアイランドにして良かったと思ってます。
油はねはありますが、それは普通のキッチンでも同じです。
それなら掃除がしやすい分、アイランドキッチンの方が良いと思います!


兵庫県 Y・Yさん

周りに囲いがないので、水はねや油はねには気を使います。
シンクやコンロの周りだけでなく、付近の床や壁、手近な場所に置いてある調味料入れ等、以外と遠くまで汚れが飛んでいることもあります。
結局、キッチンを使い終わる度にマメに掃除をする他ないです。
その点でいえば、アイランドキッチンはぐるっと回り込めて


カルタ(コチラ)

アイランドキッチンは、汚れが目につきやいかもしれませんが、反対に掃除はしやすいという意見が多かったです。




神奈川県 M・Oさん

アイランドキッチンは油はねがスゴイという口コミを見ていたので、我が家では洗い場をアイランドにして、ガス台はアイランドと反対側の壁付けにしました。
また、アイランド自体がダイニングから丸見えになり来客者からも見られてしまうため、表面は掃除のしやすい素材にして清潔感が感じられるようにしているため今のところ掃除で苦労しているということはありません。調味料や洗剤と言った上に出ていると生活感を感じるものも中に収納できるようにしたことも掃除のしやすさにつながったと思います。


先輩たちの意見をいくつかピックアップしましたが、アイランドキッチンの油はねと掃除についてまとめると、次のようなものでした。

  • 油はねはあるけど、レンジガードなどで対策は可能
  • IHコンロにすれば油はねは軽減できる
  • 汚れが目立ちやすく、油はねより水はねが気になる
  • 壁にくっついていないので、掃除は楽



それでは続いて、アイランドキッチンの子供対策についてみていきましょう!

アイランドキッチンは子供の対策が必要?

通常のI型キッチンの間取りでは、キッチンへの入り口は1箇所か、通り抜けできる場合で2箇所。

でもアイランドキッチンだと、360°全方位からキッチンに入れてしまいます。


アイランドキッチンの子供対策


火や刃物があるキッチンに自由に出入りできると、小さな子供がいる家庭で危なく感じることはないんでしょうか?

岩手県 C・Dさん

子供が1歳なので、調理をしている間は子供用のケージに入っていてもらってます。
私の姿が見えないと後追いや絶叫がすごいのですが、アイランドキッチンだと、その点の心配がありません。
こちらからも見張っておけるので、実際とても便利です。
姉の家は独立したキッチンなのですが、目が離せないので、料理中も子供をキッチンに入れていました。
あるとき、落としたナイフを握ってしまって病院に連れて行くことがあったので、アイランドキッチンの方がかえって安全だと思います。


広島県 N・Sさん

油もの調理の時は近くに来ないように注意しています。
最近では揚げ物も電子レンジやフライパンで調理することが多いので口うるさく言うことは少なくなりましたが、鍋の熱湯などを流すときは近寄らない、気を付けるように言い聞かせます。
注意する点はありますが、キッチンからリビングが見えるので子どもと話しをしながら調理できる点はよいと思います。
会話の中で、「これから揚げ物するからね」とか「今はこっち来ないでね」とか声かけしています。


カルタ(ボード)

どこからでも入れるアイランドキッチンですが、「子供に目が行き届くので、かえって安全」という意見が半分ぐらいありました。




三重県 Y・Iさん

2歳の息子がいますが、アイランドキッチンは他のキッチンと比べて安全性は低いと思います。
ベビーゲートを置こうかと考えた時期もありましたが、完全に子供が入ってこれないようなサイズの超大型ベビーゲートとなると2~3万円します。
それを両側に置かなければいけないのでかなりの出費になり、我が家は全ての引き出しにドアストッパー(バンドのようになっているタイプです)をつけることでどうにか洗剤や包丁から子供を遠ざけています。
2歳にもなると、コンロのチャイルドロックやドアストッパーが外れることもよく分かっていて、ふと目を離すとキッチンをいじっていることが多々あります…。


兵庫県 E・Kさん

子供がハイハイをし始めるとキッチンに入って来やすいのは、アイランドキッチンの難点だと思います。
我が家は、両サイドに幅が広めのベビーゲートを設置して入って来れないようにしています。
もし完全に部屋のど真ん中にキッチンがある場合、ベビーサークルのような繋ぎ合わすことができるベビーゲートをキッチン周りに配置し入れないようにするなどもっと工夫がいるかもしれません。


東京都 S・Iさん

どこからでもキッチン内に入れてしまうのでひやひやするかもしれませんが、ちょっとした心掛けで危険は避けられると思います。
ウチの場合、フライパンは取手のとれるタイプにして、ちょっと離れるときも触ってひっくり返さないよう、取手を外しています。
包丁は、収納にチャイルドロック(100均で購入)を取付けました。
友人には、包丁をチャイルドロック機能の付いた冷蔵庫に入れている強者もいます。


カルタ(びっくり)

子供の「なんでも触りたい時期」には、やはりこんな対策が必要なのかもしれませんね。




いかがだったでしょうか?

アイランドキッチンの子供対策については、まとめると次のような意見が多かったです。

  • 言い聞かせて理解できる年齢になるまでは、確かに危ないと感じるときがある
  • 物事を理解できるようになってからは、子供の様子を見ながら家事ができるので、かえって安全
  • ベビーゲートの設置は難しいので、キッチン収納にストッパーを付けている

さいごに

今回は19人の先輩たちに話を聞きましたが、ほぼ全員が「アイランドキッチンで満足している」と答えてくれました。

アイランドキッチンは囲いがない分、掃除や子供の対策が必要かもしれません。
でもやっぱり、家族と顔を合わせて、おしゃべりしながら家事をできるというのは魅力的なようですね!

先輩たちの意見を参考に、アイランドキッチンのメリットとデメリットを両方理解した上で検討してみましょう!