家を安く建てる方法

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。



女性(ニッコリ)

家を安く建てる方法が知りたいです!
どうしたらいいの?




こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ

一世一代のお買い物、夢のマイホーム!

でも、マイホームは建ててからがスタート。
これからはじまる住宅ローンの返済、固定資産税の支払いに補修費の蓄え。
お金がかかる場面はいくらでもあります。

将来のことを考えて、家を安く建てられるなら、そのコツはぜひ知っておくべき!

そこで今回は、「これをすれば10%安く家を建てられる!」そんな5つのコツをご紹介します!

参考にしてくださいね!

家の形は正方形に近づけること!

とつぜんですが、問題です。

次の「」と「」、おなじ100㎡の家を建てたとします。
」は正方形、「」は長方形です。

さあ、どっちの方が安く建てられると思いますか?

家の面積

・・・正解は「」!

なぜか?
実は簡単な理由です。

面積は一緒でも、外壁の長さがまったく違うからです!

」の外壁は、全部で40m

対して「」の外壁は全部で50mですね!

同じ面積だとしても、正方形か長方形かで、おおきな価格差がうまれます。

だからより安く家を建てようとおもったら、可能なかぎり正方形に近づけること

これがひとつめのコツです!

ただし注意が必要で、正方形って意外と間取りがつくりにくいです…。
部屋を細かく割ろうとおもうと、どこかで中途半端なスペースができてしまうんですね。

だから正方形の家を建てるなら、仕切りをあまり作らない開放的な間取りがおすすめ!
LDKをどーんと広くとって、廊下もなくしてしまう間取りが理想です。

生活空間として面積をフルに使えますしね。

外壁に凹凸をつくらないこと!

外壁に凹凸をつくらないことが、家を安く建てる2つめのコツ!

理屈はひとつめのコツと一緒。
凸凹が多い分「外壁の長さ」が増えて、その分価格も高くなるからです。

外壁の凹凸

」と「」を比べてみると、「」の方が赤い部分だけ外壁が長くなりますよね!

凹凸があまりないと「のっぺり」した外観にならない?と思いそうですが、そんなことはありません!
外壁にちょっとしたアクセントをつけるだけでも全然おしゃれになります。

たとえば、次の外観を見てみてください。
住友林業のHPにある建築事例です。

出典元:住友林業の建築事例

出典元:住友林業の建築事例

ふたつともほとんど凹凸がないですね。
それでも工夫しだいで、こんなクールでスタイリッシュな家だったり、かわいらしい家が建てられます!

1階と2階の面積を同じにすること!

3つめのコツとして、1階と2階の面積を同じにすると、家はかなり安く建てられます!
一般的に「総二階」とよばれる間取りですね!

ふたつめのコツで見ていただいた、住友林業の建築事例は、まさにこの総二階の家です。

総二階が安くなる理由は2つあります。
それは、1階部分に屋根がないこと。そして、基礎部分が少ないこと

実は、家の価格を高くする大きな原因が、屋根と基礎の面積!
これを少なくするだけで、建築コストはまるで違います。

基礎とは、下の写真のような家の土台になる部分のことですね。

水回りを一か所に集中させること!

キッチン

 

水回りをできるだけ1か所に集中させると、大きなコストカットになります!
これが4つめのコツ。

なぜなら、「水回りの配管」が意外と高いからなんです。

家事動線を考えて、キッチン・洗面所・お風呂を一か所に集中させる間取りが人気ですが、これはコストの面から見てもメリットの大きいプラン。

さらにトイレも重要です!
2階建てのとき、1階トイレの真上に2階のトイレがくるようにすれば、それだけ配管が短く、コストダウンが図れます。

部屋の仕切りを少なくすること!

リビング

5つめのコツは、部屋の仕切りを少なくすることです!

理由は単純。部屋の仕切りが少なくなれば、建具も壁も少なくなるからです。
意外と建具ひとつひとつの価格って高いんですね。

たとえば、次のような間取りにすれば、コストダウンが図れます。

  • 客間としての和室をやめて、リボングの一角に「畳コーナー」をつくる。
  • あちこちに収納を付けずに、大きな「ウォークインクローゼット」にまとめてしまう
  • 子供部屋は「将来間仕切り」にして、いったん壁をつくらない。

これだけでも、家の価格はまったく違ってきます。

まとめ

家を安く建てるなら、次の5つがコツ!

  1. 家の形は正方形に近づけること!
  2. 外壁に凹凸をつくらないこと!
  3. 1階と2階の面積を同じにすること!
  4. 水回りを一か所に集中させること!
  5. 部屋の仕切りを少なくすること!

これらを満たしていけば、家の価格はかなり抑えられますよ!